業務内容

土地に関する業務

測量

境界確定測量
境界確定測量とは、土地の境界をはっきりさせるための測量のことをいいます。また、その測量に基づき作成した、正しい境界の記載された図面は境界確定図といいます。
境界確定測量によって、境界標を設置し、境界確定図を作成することで、安心して土地を管理することが可能です。

このような場合に行います

  1. 土地を売却するため杭を設置したい
  2. 境界標が設置されていないので復元して設置したい
  3. 土地の正しい面積を知りたい
  4. 分筆登記の前提として
  5. 登記簿の面積が実際と違うので直したい(地積更正登記のため)
  6. 公図(地図)の形が違うので直したい(地図訂正のため)
現状測量
土地の現況・高さなどをトータルステーションにより正確に測量し、最適な建築計画のために必要な現況・高さ、周辺の正確な状況等をCADにより作成、図面を提供します。

※現況測量では、法務局への登記申請や、隣りとの境界を決めたことにはなりません。

このような場合に行います

  1. 家を新築したいが土地の形状や面積が分からない
  2. 簡単でもいいので図面が欲しい

土地に関する登記

土地分筆登記
分筆登記とは、一筆の土地を二筆以上の土地に分割する登記のことをいいます。

このような場合に行います

  1. 土地の一部を売買する場合
  2. 土地の一部を担保に入れて銀行から融資を受けたい場合
  3. 相続した土地を相続人ごとに分ける場合
  4. 共有の土地を分筆し、単有に変える場合(共有物分割登記の前提として)
  5. 1筆の一部に家を建てる際に、宅地として利用しない部分の土地を分ける場合
土地表題登記
登記されていない土地について登記簿の表題部を作成します。

このような場合に行います

  1. 国や地方公共団体が所有する土地を払い下げたい場合
  2. 埋立等により、人口地盤を作った場合
土地合筆登記
2つ以上の土地を1つにまとめる登記です。ただし、現状地目・登記地目が同一であり、原則として担保権のない土地であることが条件となります。

このような場合に行います

  1. 自宅の敷地が複数の土地にまたがっていて整理したい場合
  2. 管理する複数の土地を1つにまとめて管理したい場合
土地地積更正登記
間違って記録されている地積を正しい地積に修正する登記のことを、地積更正登記といいます。

このような場合に行います

  1. 測量した面積と登記されている面積が違う場合
  2. 土地売買・融資実行等の条件として実測面積で登記しなければならない場合
土地地目変更登記
土地の利用状況によって定められる名称が地目で、土地の登記記録の表題部に記録されています。この地目が登記記録の地目以外の地目になった時に、地目変更登記をする必要があります。

このような場合に行います

  1. 家を取り壊した跡地(宅地)を駐車場にした場合
  2. 山林や農地に家を建てた場合

建物に関する業務

建物に関する登記

建物表題登記
建物を新築した場合は「建物表題登記」が必ず必要です。
建物表題登記には申請義務があるため、申請を怠ると罰則があります。

このような場合に行います

  1. 建物を新築した場合
  2. 未登記の建物を購入した場合

※建物を新築した場合、その建物の所有者が、建物の完成後1カ月以内に申請しなければなりません

※未登記の建物を購入した場合、その所有権を取得した人は、所有権を取得した日から1カ月以内に申請しなければなりません。

建物表示変更登記
建物を増築した場合は「建物表示変更登記」が必ず必要です。

このような場合に行います

  1. 家を増築した場合
  2. 家の一部を取り壊した場合
  3. 物置や車庫を作った
  4. 改築して屋根の種類(スレート、瓦等)や構造(木造、鉄骨造等)が変更になった場合
  5. 建物の種類(居宅から事務所へ等)を変更した場合
建物滅失登記
建物を取り壊した場合は「建物滅失登記」が必ず必要です。

このような場合に行います

  1. 建物の全部を取り壊した場合
  2. 建物が焼失した場合
  3. 登記簿に存在しない建物が記録されている場合

ページの先頭へ