よくあるご質問

※質問をクリックすると回答が表示されます。

土地について

隣の土地との境界をはっきりしたい
お隣の土地所有者と立会いを行い境界確認することになります。そのためには様々な資料を調査し、測量を行ったうえで立会いする必要があります。立会いが終わり、境界認識がお互いに一致すれば境界標識を設置し、境界標識がなくなっても復元ができるような書類を交わすことが良いと思われます。
土地を分割相続したい
1つの土地をいくつかに分けて売ったり、数人の子が別々に相続するためには事前に「分筆登記」が必要です。法務局の図面に線を入れる処理等を実行して初めて土地を分けたことになります。
農地を駐車場にしたい
「地目変更」登記を申請します。
また、事前に各市町村役場の農業委員会に届け出も必要です。
以前はあった境界杭が見当たらないので新たに設置したい
所有する不動産(土地・建物)に関する登記記録は、管轄する法務局にあるので、公図・地積測量図・建物図面などで確認が可能です。境界標が見当たらず付近を掘る場合は、隣の方に声をかけて確認する方が良いでしょう。
隣から土地の境界確認を求められた
土地の境界はお互いの財産であり、その財産を守るために協力し、確認後は境界確認書を取り交わしましょう。境界について判断しかねる場合は、土地家屋調査士にご相談ください。
工事によって境界標識がなくなった
早急に復元することが大切です。ただしお隣に無断で境界標識を設置することはトラブルの原因になります。必ず境界立会いを行って境界標識を設置しなおしてください。境界付近で工事を行う前には工事人に境界標識に十分に気をつけるようお願いしておくことも大切です。
土地を分割するためにはどんな作業の流れになるのでしょうか?
まず測量を行って全体の把握をします。そしてお隣との境界確定や、道路や水路などの官有地との境界確定を行って土地の周囲の境界を全て確認します。その上でどのように土地を分けるか図面を作成し、法務局に申請します。
土地の分け方が具体的に細かく決まっていないのですが依頼できますか?
大丈夫です。測量を行った図面をもとに私達土地家屋調査士がいろいろなラインを引いてお客様のご要望する分け方を提案します
昔測量した図面があるのですが、それを使って簡単に分筆できないのですか?
基準点といわれる公共のデータを持った場所からの測量が法律により義務付けられています。そのため昔の測量のデータはお隣との境界がどこだったかについては参考になりますが、法務局に届け出る図面には使えませんので、もう一度測量を行う必要があります。
共有者の1人が土地の分割に協力してくれません
土地を分割する届出は、法律により共有者全員で行わなければなりません。そのため説得するか、裁判により判決をもらうかして分割を行える状態にしなければなりません。
現在相続をするに当たり調停を行っているのですが、測量しなくていいのですか?
相続する土地を相続人の間で分ける方向で調停が進んでいるのであれば、その調停が終わるまでにきちんと測量を行って、その結果に基づいて分割案の調停をしてもらうようにしてください。調停終了後に測量し、実測面積と登記簿面積がかなり違っていた場合にはまたもめることがよくあります。
現状測量はどんなとき必要ですか
土地の売却を考えていておよその面積を知りたい場合、建物建築にあたっておよその形状・面積を知りたい場合など
山林等を造成して宅地に変更した
山林や畑などであった土地に家を建て宅地に変更した際(土地の用途を変更した際)は、1か月以内に「地目変更登記」の申請が必要です。
隣接する所有地を1つにまとめて売却したい
複数の土地を1つの土地にする「合筆登記」を申請します。ただし、合筆登記の申請には所有者が同じであること、地目が同じであること、など制限があります。
境界がわからなくて困っている
境界がわからないことで、境界紛争になる場合もあるため、土地家屋調査士に境界を推定してもらい、隣人と解決することをおすすめします。

建物について

相続した建物が登記されていなかった
相続人から1カ月以内に「建物表題登記」の申請を法務局で行います。また、その際相続人であることを証明する書類(戸籍謄本・住民票等)が必要です
建物を取り壊しした
建物を取り壊した場合には、1カ月以内に「建物滅失登記」を申請します。登記後の閉鎖登記簿は火災保険の解約書類としても使われているようです。
自宅を増築した、または物置を建てた
増築や基礎がある物置、堀車庫などは登記してはじめてその部分の所有者が明らかとなります。未登記の場合は早めに登記しましょう。
新しく建物を建てた
新しく建物を建てた場合、1カ月以内に「建物表題登記」を法務局に行います。これにより。建物所有者の住所氏名・建物の所在・種類・構造など、建物を識別するために必要な事項が不動産登記簿の表題部に記録されます。
所有権を証する書面(建築確認済証等)をご用意の上、土地家屋調査士にご相談ください。
建売住宅を購入した
新しく建物を建てた場合、1カ月以内に「建物表題登記」を法務局に行います。これにより。建物所有者の住所氏名・建物の所在・種類・構造など、建物を識別するために必要な事項が不動産登記簿の表題部に記録されます。
所有権を証する書面(建築確認済証等)をご用意の上、土地家屋調査士にご相談ください。
なお、銀行などのローンを使う時は、表示の登記がローンの実行より先になります。
子供の家に親がお金を出して増築しました。建物は誰のものですか?
もともとの建物と増築部分がどのようになっているのか調べる必要があります。その状態によっては親のものにもなるし、子供のものにもなるし、共有になるかもしれません。まずは土地家屋調査士の調査によってご確認ください。
お風呂場の風呂釜やキッチンなどの水回りを変えました。家の形状は全く変わっていません。これも届出しないといけないのでしょうか?
建物の面積が増えていないリフォームは法務局に届出を行う必要がありません。

その他

土地家屋調査士と測量士の違いは?
いずれも国家資格ですが、測量士は国や地方公共団体等の行う基本測量や公共測量を行うのに対し、土地家屋調査士は不動産の表示に関する登記について必要な土地または家屋に関する調査、測量、申請手続きをすることを業としています。
当事務所は両方の資格者がいますので、安心してご相談ください。
登記所の図面にも信頼できるものと、信頼できないものとがあるというのは本当ですか
登記所には、明治時代に作成したものと、最近の国土調査により作成したもの、区画整理により作成したもの等いろいろな図面が備えてあります。この中でも、明治時代に作成したものは精度に疑問があるものが多いといわれています。
お隣さんから越境していると言われた
境界を誤認して言っているだけかもしれませんので、まず境界をはっきりさせることが大切です。まず法務局などで資料を調査したうえで境界立会いを行い、その上で越境しているか確認するようにしましょう。
土地・建物の持ち主を調べたい
土地や建物の所有者は、法務局の登記簿謄本に記載されているので、誰でも調べることができます。
登記制度について教えてください
人が生まれた際、届け出をすることで戸籍謄本へ記載されます。不動産の登記制度も同様に、土地や建物の戸籍と考えてください。
測量や調査がいくらかかるのか知りたい
料金については、測量の目的や何を行うかによって大きく異なります。
隣地と紛争中で筆界特定制度によっても紛争の解決がみられない場合など、訴訟問題にも発展する可能性があるため、費用は出しにくくあります。まず何についてお困りなのか、ご相談ください。

ページの先頭へ